国内線、国際線によって飛行機の規定が異なる

CBDグミは国内線、国際線によって飛行機の規定が異なる

リラックス効果や、肌の健康に効果的なCBDが注目され、日頃から持ち歩いている人が増加しています。

そんなCBD、CBDオイルですが、飛行機や船に持ち込めるのか把握しておくこと必要があります。

それも、各運航会社や、国内線、国際線によって規定が異なる場合があるからです。

まず、国内線の場合ですが、基本的には持ち込むことができます。

ただし、液体容量制限があるため、大量にCBDを持ち込むことはできません。

液体容量制限は、液体を100ml以内の容器に入れ、その容器をさらに1リットル以内で、縦と横の辺の合計が、40cm以下の開閉可能なプラスチックの袋に入れるというものです。

これは、手荷物検査で提示する必要があり、一人一つ以上は持ち込むことが出来ません。

国際線については、利用する国ごとに規定があるので、あらかじめ確認しておく必要があります。

例えばアメリカの場合は、許可されたCBDオイルの持ち込みが可能ですが、しっかり確認せずに無許可のオイルを持ち込んだ場合、逮捕されてしまう可能性もあります。

アメリカの場合はTSA(アメリカ合衆国運輸保安庁)という組織が手荷物検査を行うことになっています。

薬物を臭いで発見する探査犬によるものや、金属探知機、X線での検査を行い、疑わしいものが見つかった場合は、聴取や中身の確認を行うことが出来ます。

TSAで持ち込みが可能とされているものとして、医療用のヘンプ、THC含有量が0.3%以下のもの、FDA(アメリカ食品医薬品局)によって承認されたCBD医薬品が許可されています。

さらにアメリカの場合、州ごとに規定があるので、そこも確認しておくと無駄に疑われるのを避けることが出来るでしょう。

ちなみにFDAとは、Food and Drug Administration の略で化粧品、医療品、医療機器、などの安全管理を行う機関です。

中でもCBD医薬品など薬の審査はCDER(医療品評価研究センター)という場所で行われています。

アメリカにCBDオイルを持ち込む場合の規定は、THC含有量が0.3%以内ですが、日本の場合は、CBC医薬品の承認がされていないので注意する必要があります。

出来るのであれば、あらかじめ行先に荷物を送っておき、手荷物検査など無しで通過するのがおすすめです。

飛行機の国際線で、国ごとに規定が違ったように、クルーズの場合もまた規定は変わってきます。

むしろクルーズの場合、色々な国を回ることがあるため、それぞれの国の規定を確認しなければならないので大変です。

ここまででわかるように、CBDオイルは容量や、含まれている成分などの規定を満たせば持ち込むことが可能ですが、その規定は行先ごとに定められていて、入念に確認する必要があります。

楽しい旅行のはずが規定違反で捕まるなんてことにならないようにしたいですね。

もし、不安であれば電話で問い合わせてみることをお勧めします。

ぜひ、CBDオイルでリラックスしながら楽しい旅を。”

タイトルとURLをコピーしました